「リーダーになる」

「創造的になる」

「海賊王になる」

「プロフェッショナルになる」

「一流になる」

 

といったことを目標に掲げるのは、おかしなこと。

 

周りから見てこれらを実現している人たちは、

これらそのものを目指したのではなくて、

 

人生において、何か成し遂げたいことがあって、

それを達成する途上で、

 

気付いたら、必要に駆られて、俗にいうリーダー的な振る舞いをしていた。

気付いたら、創造的と評されるようなモノを生み出していた。

気付いたら、プロフェッショナルと呼ばれるようになっていた。

 

ということ。

 

目的、目標を持つことは重要だし、

同時に、それがどれだけ本質的か、に注意したい。